カテゴリ:yuki( 10 )
11月13日 愛の籾取り
f0158655_23354476.jpg

ホッカイドウ・・・?                ホッカイドウ。
f0158655_23373716.jpgf0158655_23374793.jpg
[PR]
by hanamarugo | 2008-11-13 23:33 | yuki
10月13日 稲刈り最終日
リーダーお願いします!f0158655_18551732.jpg
f0158655_18552448.jpg


f0158655_18554422.jpg
f0158655_18555328.jpg
f0158655_1856148.jpgf0158655_1856962.jpg


f0158655_18562213.jpgf0158655_18563087.jpg


f0158655_18564112.jpgf0158655_18564857.jpg


f0158655_18565888.jpg
f0158655_1857539.jpg


f0158655_18572830.jpgf0158655_18573544.jpg


f0158655_18575191.jpg

f0158655_18571346.jpg

f0158655_18575757.jpg

f0158655_193472.jpgf0158655_1935718.jpgf0158655_194450.jpg



f0158655_1858731.jpg

[PR]
by hanamarugo | 2008-10-22 19:01 | yuki
9月14日 はざ掛け移動
今日は先週刈り取った稲を、SHIHOちゃんの実家に移動。
先週は時間が無くて、はなまる農園そば水路の手すりではざ掛け。
はざ掛けは初体験なので、ちょっとドキドキ。
f0158655_22352899.jpg

f0158655_2236335.jpg

f0158655_2236512.jpg

稲を軽トラに載せて、SHIHOちゃんの実家に到着。
f0158655_2236992.jpg

庭は、カボチャのツルで覆われていた・・・。
その上に、木を組んで、はざ掛けをする。

みんなで、ああやこうやを言いながら、あっという間に完成。
f0158655_22422820.jpgf0158655_22423845.jpg

稲は4週間自然乾燥させ、その後脱穀する。

いい眺めやね。
f0158655_22424816.jpg

[PR]
by hanamarugo | 2008-09-18 22:27 | yuki
8月3日 暑い中の草刈り
暑い日が続き、稲も順調に育ってます。
稲は出穂する時期が非常に大事なので、田んぼに入るのは厳禁。
(根っ子を切ってしまったりするから)
なので、7月6日の草刈りを最後に、ずーっと田んぼは「見てるだけー」な状態。

ところが・・・

f0158655_23104813.jpg
       
さすがにこれはヤバい・・・田んぼというより、草畑・・・
という訳で、田んぼを荒らさないように、慎重に草刈り・・・
得意技「足を止めて、手をできるだけ伸ばし、広範囲の草をやっつける!技」炸裂
翌日必ず筋肉痛になるという、禁断の技である。
その結果・・・

f0158655_1128135.jpg
        
作業後。草たちさん、さようなら。
もう少し遅ければ、稲も負けてたやろね。

もうこの時期になると、10時を過ぎると作業不可。
熱中症で倒れてしまう。
クーラーボックスで持ってきていた先週取ったスイカを、みんなで食することに。

f0158655_23123528.jpg

うーん、肥料も水も何もやらないで、こんなに綺麗にできるとは、ホントスゴイ。
自然に感謝して、「いただきまーす!!」

f0158655_2311103.jpg

ごちそうさまでした!いやー、うまかった。
4つともちゃんと甘かったのがビックリ。
特に一番小さいのが美味しかった。
種取りして、来年蒔きたいトコやね。

昼間は暑くて何もできないので、来週から旅に出るSHIHOちゃんとかの
旅グッズを買いに行くことに。

モンベラーな僕らに洗脳された3人は、次々とTシャツや長袖シャツを購入。
その長袖たちは、後に「愛とロマンの8時間コース」で大活躍するのであった・・・。


アイスを食べたり雑貨を見たりと楽しんだ後、はなまるに帰ってみると・・・

f0158655_23111616.jpg
↑こんな看板が・・・


犬糞オヤジさん、さようなら・・・。
[PR]
by hanamarugo | 2008-08-03 23:09 | yuki
6月15日 UVデー!
午前5:45、目覚ましの音がチュラレに鳴り響いた。
つい数時間前まで、たらふく飲んでいたので、頭が重い。
けど、今日はシャロムの田植えの日。集合は安曇野の田んぼに午前7時なのだ。
みんな、結構早めから起きていて準備万端。
早速出発し、高速に乗り一路安曇野へ。
天気が快晴で、うっすら雪がかかった常念がとてもキレイだった。
一番乗りで田んぼに到着。まだ誰も来ていないので、コンビニでトイレ休憩。
戻ると、竹内さん以下自然農塾二期生が集合していた。
その中には昨年の同期のぐっさんも混じっていた。
竹内さんとは半年振りの再会。けど、そこに流れる空気は全く変わっていなかった。
先生というより、旧友に再会した感じ。
他にもぐっさん、角ちゃん、ごかさんもいて、昨年のシャロムでの日々が懐かしい感じだった。
そんな感傷に浸りながら、自然農の田植え開始!
昨年は「耕した田んぼ」で、自然農の田んぼでの田植えは初体験!
まずは冬の間に育っていた、レンゲの種取りから。
レンゲはマメ科で、土に養分を蓄えてくれる植物。
昔は冬の間レンゲ畑にして、田んぼを春に備えていたところが多かったらしい。
今でも田んぼが春にはレンゲ畑になっているのを見かけたりする。
肥料の値段が2倍になったりと、石油依存の農業から脱却するには、
レンゲ畑を復活させるのが一番かも。
レンゲの種を取り終えた後は、苗床からの苗取り。
鍬で一塊を取ってから、土をほぐす。稲の苗が根を広げているのが分かる。元気な苗たちだ。
苗はほぐして一つにするのだが、付いている土はそのままにしておく。
野菜の苗を移植するのと同じ様に、稲の苗も植えていくみたい。
印のついた紐を使って、全員整列。いよいよ田植えです!

鋸鎌や竹の筒を使って穴を掘り、そこに土の付いた苗を植えていく作業。
確かに普通の田植えと全然違う。時間もかかる。
竹内さんやごかさんの指導の下、みんな丁寧に植えていく。
周りの草も刈りながら進んで行くので、遅々とした歩となる。
この調子で、ブランチに間に合うのかなーと思い始めた時に、一台のトラクターが到着。
臼井さんの登場である。

笑顔で登場したその表情に、何かいっぱいの安心感を感じたのは、僕だけだっただろうか。
とにもかくにも、登場後は僕らが知ってるいつも通りの臼井さん。
「周りの草なんか刈らんでいい!」「紐の印の5cm手前に植える!」
「穴を開けて、ペッと植えたらいい!」かとちゃんぺじゃあるまいし・・・。
まさに僕らが慣れ親しんだ、臼井ワールド炸裂だった。

その調子で田植えはどんどん進む。気付くと3畝の田んぼにはびっしりと苗が植わってました。

自然農二期生の皆さんと集合写真。
この苗たちは、今後どんな風に育つのでしょう。とても楽しみです。

田植え終了後は、シャロムに行ってブランチ。半年振りのシャロムは、全く変わっていなかった。
昨年一年間通っていたこの場所は、特別な場所になったみたい。
ブランチまでの時間、シャロムの館内でまったり。
ブランチでは竹内さんを捕まえて質問攻め。
田んぼについての疑問(草刈のタイミング、水の管理、今後やるべきこと)をぶつけまくり。
その質問一つ一つに明確に答えを出してくれる。さすがです。
そこにちゃちゃ(いや、良き助言)を挟む臼井さん。
何度も何度も現れるその姿に、刈っても刈っても出てくる「ひえ」と譬えたのは、二期生のあらた君。
その臼井さんを信奉している僕らは「こびえ」らしい。
いやー、とても楽しく美味しい、素晴らしいブランチでした。

ブランチ後は、シャロムのクラインガルテンへ。
今年は、「りんりん効果」も落ち着いて、順調な畑になっていた。
僕らはあらた君の畑にちゃちゃを入れたり、ぐっさんの畑を見学したりなど、
昨年の日々を懐かしく思いながら、ぐるぐる回っていた。
じっくり見て周りそろそろ帰る時間。黒米の稲を貰ったので、それを今日中にはなまるに植えないといけない。名残惜しいが、また来れるしね。

自然農二期性のみなさんもいい雰囲気で、また会いたい感じでした。
はなまる農園の故郷、シャロム。また来るよー!






f0158655_18213131.jpg





f0158655_18214073.jpg
[PR]
by hanamarugo | 2008-06-15 18:20 | yuki
5月18日 楽勝な代かきのはずが・・・大誤算の巻
2008年5月18日、7:49、はなまるメーリングリストに一通のメールが。
「代かきって、水張ってやるって」・・・なにっー!やはりそうかー!
代かきを水張るかどうかも定かではなかった僕らは、だいぶ素人さん。
とにもかくにも、朝集合してまずは田んぼへの入水。
田んぼへの水は、上の池の水門を開きつつ、下の水量を調節するので、
うまい具合の水の量にするのが難しい。
上の水門と下の水口の間に中継が立って、何度かやって、やっと適量に。
田んぼにどんどん、水が入って行きます。乾いていた大地が湿り気を帯びてきた頃、
我らがヒーロー、トラクター兄さん登場!毎度のことながら、かっこいいです。
f0158655_1475940.jpg

お兄さんと代かきのやり方や、田んぼを平らにする為に、
耕してから土を移動して欲しいとかを相談、早速作業に取り掛かります。
僕らは、見・て・る・だ・けー。
ホントはトラクターで代かきやってる間に、畑の草刈りや種蒔きをすべきところが、
トラクターの勇姿に首っ丈。
さっきまで草が生えた凸凹の大地が、あっという間に田んぼっぽくなっていく。
いやー、機械のパワーは凄いなあ。そら農家の人が、頼りにするのも分かるね。
そんなこんなを、はなまるメンツは話ししながら、まったり代かきを見学していました。
昼過ぎから、お父さんがトラクターを使うということで、一通りの代かき後、平らにして終了。
若干、やり残しのあるような気がしたが、これ以上は時間的に厳しい感じ。
この時感じた一抹の不安が、後に現実になろうとは・・・。
代かき終了後は、お兄さんと「どろんこバレー」の話しなんかもしたりして、和やかに談笑。
お兄さんはいつも快く手伝ってくれて、ほんとにありがとう。収穫にも是非来て下さいね。
お兄さんが帰って入った後、僕らも「やり切った感」満点で、昼ご飯へ。
前日は新規開拓ということで、「K谷製麺所」。
本日は基本に立ち帰るということで「はなまる」へ。
・・・うーん、亀の一本勝ちのような気が・・・。
なんて、今日の作業は終了したかのような余裕な感じで、うどんを楽しんでいたのでした。

お腹一杯になって、はなまる農園に戻って、我らの田んぼを見てみると・・・。
うんっ?・・・まず、水に浸かっている所と土が露出している所がはっきりしている。
かなりの高低差がある!?
更に、奥の方では、畦の上の方まで水位が高くなっていて、
今にも畑側に水が流れていきそうな感じ。つまり結論から言うと、
①田んぼが平らでない
②これ以上水位を上げると、畑が水浸し
⇒田んぼの半分以上が田んぼの機能が果たせない状態。
・・・ヤバい!!来週は友達たくさん呼んでの田植えなのに!!
まずは一番下流の畦を強化。だけど、とても田んぼ全域に水を張れる状態じゃない。
っていうか、平らでない田んぼ全域に水に張ることは、
水位を相当上げる+かなり深い部分が出来る+雨が降れば、畑が大洪水という三重苦。
トラクターもないのに、こんな広い田んぼをどうやって平らにするのか・・・?
みんなで相談して、急遽田んぼを三分割することに。
三分割することで、一番深くて畦が弱い3番目の田んぼ(3番田)の水位が下げれる
+平らにする為の土の置き場が出来る。

はなまるメンツは、卒業したはずの土木作業に一心不乱。
足場が悪い中、田んぼを区切る為の畦を作るため、ひたすらスコップを上下させていた。
僕は少しでも田んぼを平らにしようと、原始的な道具「とんぼ」で必死に土を動かしていた。
だけど、学校のグランドや甲子園のとんぼのイメージとはほど遠く、
土も重くてあんまり動かない。果てし無い作業のよう。
途中でとんぼを代わってもらい、秘技「土飛行作戦!」決行。
スコップですくった土を、フリスピーを飛ばすような感じで、地面に平行で遠くへ飛ばす。
土を高い所から低い所へバンバン飛ばして、みるみる平らになっていく・・・と思いきや、
徐々に土の飛距離が減っていく・・・。ガッツが足りない・・・。もうやけくそでやってる感じ。
今日中に終わらせないと、来週の田植えに間に合わないという意識が、
みんなを無理矢理動かしてたようにも思える。そして日が暮れ、3つの田んぼが完成!!
f0158655_148814.jpg


ヘトヘト後に撮った写真。午後は写真を撮る余裕もなかった。
まだまだ普通の田んぼとは比べ物にならないが、なんとか平らな感じ。
いやはや、午後からは休みなく、みんな土木作業を頑張りました。
慌しい一日やったけど、田んぼっぽくなったのは何より。
ただ、次の日の夕方、大雨の予報が・・・。はなまる農園、始まって以来の大ピンチか!?
[PR]
by hanamarugo | 2008-05-20 14:08 | yuki
5/4 みどりの日。怒涛の3日間、2日目
午前6:45、目覚ましではない、携帯の音が寝間に鳴り響いた。
誰からかと思えば、rinseから。前日の作業の疲れとお酒が若干残っていて、
もう少し寝たいところだが、後30分程でウチに着くらしい。
集合は10:00だというのに、やる気満点やね。
rinsuがウチに到着して、前日から参加の、乾杯とmotoくんを合わせて、6人で朝食。
ウチの市民農園で取れたレタスを使ったサラダもあり、みんなで和気藹々の時間。
motoくんは大阪に帰るので、送った後、9時にはなまる集合。
moriちゃん、shihoちゃんにrinseを紹介。
Kanpaiは前日からということもあり、すでに慣れた感じ。
タープを張ったり、本日のイベントの為の準備をしてもらいました。
他の参加者は10時に豊明駅集合なので、僕はsihoちゃんと駅に向かい、
その間、初めて水門を開けて、畦塗りの為の水路の整備をやってもらっていた。
f0158655_2327084.jpg

f0158655_2341930.jpg

豊明駅には、車で来ていたmomio、sangou、kanata、tomoki、hazumuがいて、
sihoちゃんの友達のkanaeちゃん、はなまるのyamaちゃんがいた。
みんなではなまる農園に向かい、そこで、sihoちゃんの友達のkayoちゃんとその彼氏と合流。本日の参加者15名、全員集合となった。
そこから簡単な自己紹介の後、はなまる農園の見学へ。
はなまるメンバーによる解説は、昨年のシャロムのような感じで、面白かった。
一通りの解説が終わった後、早速長ーい畝への種蒔き。
自然農の種蒔きでまずやることといったら、草刈!。
鋸鎌の使い方をみんなに習得してもらい、ざくざく草刈り。
人数が多いので、あっという間に終了。
その間に鍬で表面の土を取り除いたり、平らにしたりして、いよいよ種蒔き。
本日の畝は豆類の畝で、ささげ、本金時、長うずらと次々に種を蒔いていきました。
種を蒔いた後は、草のせをやります。3歳のkanata君も立派な種蒔きをしています。
f0158655_1934845.jpg

f0158655_194065.jpg

みっちり作業してから、次は腹ごしらえ。例によって、亀へ。2日連続。
そしてこの4日の亀は、百点満点!非常に美味しかったです。
腹ごしらえが済んだ後は、ウチの市民農園見学。
ズボラ農法と自然農との比較を説明しました。
その傍ら、momio父さんは四葉のクローバ探し、
kanata君は、「ゼローバ」探しに夢中でした。
f0158655_23324414.jpg

f0158655_2333124.jpg
そして再度はなまる農園に戻り、豆の畝の残りの落花生を種蒔きし、
最後にさつまいもの紅高系をみんなで植えて、本日の作業終了!
f0158655_1941756.jpg

f0158655_194835.jpg


[PR]
by hanamarugo | 2008-05-04 19:03 | yuki
ジャガイモ植え
3月8日(土)前日打ち合わせ

作業は日曜日のみだが、今後の予定を相談するために、ウチに前日集合することに。
Moriちゃんは体調不良で、shihoちゃんとyamaちゃんの4人で今後の予定の相談会。
はなまる農園は、畑作業と田んぼ作業の2種類あって大忙し。
予定をまじめに考えていくと、5月は全ての週末に作業が入ってしまった・・・。
畑に植える野菜も種類・数共に5人のキャパを大きく越えそう・・・。

3月9日(日) 晴れ
今日はmoriちゃんは体調戻らず、shihoちゃんは家庭の用事で、
本日は、yamaちゃん、mutsuちゃん、僕の3人作業。
朝早くからやる予定が、ウチでのまったり朝ごはんで、
結局作業は10時半頃からに。
f0158655_10361791.jpg
本日の作業は、初の野菜になる種蒔き。
そう、じゃがいもの種芋植えです!
じゃがいもは、前回買出しで9種類も仕入れ、昨日北海道の友人から「デンプンいも」の種芋を分けてもらい、合計10種類のジャガイモを植えることに。


f0158655_10363898.jpg
種植えの前に、立て札は各自分担して作成しており、それを畝に立てる作業を最初にやりました。


f0158655_1036527.jpg



←はなまる農園の立て札(shihoちゃん作)も無事に打ち込み、なんだかりっぱな農園らしくなってきました。去年の秋の休耕田時代を思うと、よくここまで来たなぁーって感じです。
f0158655_1037067.jpg


yamaちゃんが作ってきた、「男爵」は   →
男前な立て札であったが、
打ち込むときに何度かハプニングがあり、
みんなをドキドキさせました。


立て札を無事打ち込んだ後は、いよいよはなまる農園最初の野菜の種蒔き、種芋植え!
3人での作業になるので、作業量がどれくらいになるかちょっと不安でしたが、
特に問題もなく、さくさくっと植えることができました。
3人とも去年のシャロムでの経験もあり、スムーズに種芋植えができました。

             種類別の立て札が畑に映えます・・・!
f0158655_1037762.jpg


無事種芋植えを終えた後、昼食は例によって「はなまる」・・・ではなく、強力なライバル、「丸亀」へ。yamaちゃんは初で非常に楽しみにしています。さっそく、「醤油」「かまたま」にてんぷらを頼み、「いただきます!」・・・いやーうまい!。はなまるうどんピンチ!っていうか、はなまる農園も改名か?先週の讃岐16店巡りが思い出されました。
お腹一杯になった後は、はなまる農園に戻り、土木作業。用事の済んだshihoちゃんも合流し、4人でいつもの土盛り作業へ。畑の畝はほぼ完成しているが、田んぼと畑の境界の畦が少し低いこともあり、それを増強するために更に土盛りをすることに。
なかなか土木から離れられないはなまる農園でした。


f0158655_10371439.jpg
f0158655_10372071.jpg

[PR]
by hanamarugo | 2008-03-09 10:22 | yuki
新年初始動
【1月12日】
2008年はなまる農園スタート!!
f0158655_0265565.jpg
今回は一年の計画をたてる大事な日。

まず土曜日は、いつも通りの土木作業。
畝間は4つ出来たといっても畝の上は
デコボコ・・・というわけで・・・





f0158655_0133878.jpg
本日の課題。

①最後の畝間作り
②畝間の整地
③畝間の排水溝作り⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
④畝の整地
⑤畝の上に米ぬかまき、稲藁のせ

以上を一心不乱に5人でやりました。

お昼ごはんは例によってはなまるでうどん初め。
それ以外の時間はほとんど休憩もせずに黙々と作業を続けます。
f0158655_12385520.jpg


その結果・・・f0158655_12382439.jpg


畝⇒8畝中5畝完成!!
畝間⇒5列中4列完成!!



一反もの広さの休耕田が、
見事に生まれ変わりつつあります!

日が暮れるまで作業した僕たちは、
程よい疲労感と春への期待を膨らませ、
本日のお宿に向かいました。





そう、本日の宿はyamaちゃんのおうちなのです。
yamaちゃん以外は各自家に戻り、ひと汗流して一路東へ。

到着したおうちは非常に立派なおうちでした。
そこにはすでに晩御飯の手作りおでんが用意してありました。
(yamaちゃん&お母さんありがとうー!)
早速新年会をかねた夕食会がスタート。
話も弾み、美味しく料理を頂きました。

・・・頂く前に写真を撮るのを忘れて残念無念・・・

そして片付けの後は、作付け計画と年間の作業スケジュールを話し合いました。
農関係の本を見ながら、何を植えようか、いつどんな作業をしようか、
いろいろ想像しながらみんなで決めていきました。
そして気がつけばもう1時過ぎ・・・
次の日朝早いこともあり、みんな就寝。

注1)yamaちゃんは一人お風呂へ・・・
    戻ってきたyamaちゃんを見た人は居ませんでした。


【1月13日】
みんなぐっすり眠ってさわやかな目覚めでした。
(若干の筋肉痛とともに・・・moriちゃん腰は大丈夫?)

注2)yamaちゃんはすでに布団に居ないのでした。
    しろすけ&つるに餌をせがまれ、6時には起きていました。

f0158655_22532873.jpg

←たった一枚のyama宅写真。
新年早々の訪問でとても暖かいもてなしありがとう、
yamaちゃんファミリー&しろすけ&つる!
また遊びに行くからよろしくね。

朝ごはんは近くのカフェへ!
とても雰囲気のいい素敵なカフェで、おいしいモーニングを食べました。
f0158655_0233265.jpg

腹ごしらえをした後は、一路作手村へ。
本日は作手村の黒田さん(上品なUSIさん)のお話しを伺うのです。
黒田さんの息子さんのチャリ屋でちょっと話したあと、昼食。
オムライスを美味しく頂きました(若干お腹いっぱい)。

黒田さんの奥さんにアロマの話を伺った後、黒田さん宅に向かいました。
そして黒田さんと初対面。
そこからは日が沈むまでの約4時間、
熱くて寒い黒田ワールドの時間が流れました。

内容は・・・とても書ききれないのでまたの機会に・・・。
一つ言えるのは、世の中にはこんなエネルギッシュな人も居るんだなぁということかな。
兎にも角にも初対面の僕らに貴重な時間を割いてもらって、ありがとうございました。
セッティングしてくれたyamaちゃんもありがとうー!!

本当は早めにはなまるに戻り作業する予定のはずが、夕食と次回の打ち合わせのみに。
みんな「黒田ショック」でボーっとしていたような気がします。
でも2008年のはなまる農園始動にふさわしい充実した二日間でした。
みんな今年もやるぞーという気になったと思います。
はなまるのみんな、今年もよろしくねー!!
[PR]
by hanamarugo | 2008-01-28 21:57 | yuki
12月16日 備中鍬、冴え渡る!
「あー、この一年間で学んだことを生かして、田んぼをやりたいなあ。
誰か知り合いとかに、休耕田とか持ってる人っておらんかなー?」

「うちにあるかもよー」
「ええっー!?(ほんまかいなー!!)」
という経緯で始まった、はなまる農園。

9月には土地をお借りする「お父さん」への挨拶も済み、
来年の米作りに向け始動しました。
「お兄さん」にも助けて頂いて、トントン拍子で進んできたはなまる農園。
ただ、ありがたいことなんだけど、僕らを困らせているのが、土地の広さ。
2反の広さ、坪で言うと600坪、だいたい60m×30m位の広さ。
僕の高校は50mプールがあって、幅が25mあったけど、それよりも広い。
畝の長さも50m以上あるので、一つの畝を作るのだけでも大仕事になる。
しかも男手は僕一人…。

前回は処々の事情で欠席してしまったので、今回はそのリベンジなのです!

今回は、shihoちゃんが実家で法事、mutuが風邪で欠席となり、
3人での作業となりました。
天気が良くて、思ったほど寒くない。作業日和。

まずは、来年の春に備えて、お米の苗床作り。
シャロムでやったからバッチリ!
頭ではなく、身体で覚えてるっていうのはまさにこういうことやね。
2m×4mの苗床があっという間に完成。
来年のお米のベッドになる前に、僕らのベッドになりました。
f0158655_20164392.jpg


小春日和みたいな陽気さで、とても気持ち良かったです。
お昼ご飯前に少し畝作りの作業をしてから、
ウチとmoriちゃんの畑見学ツアーに行くことに。
例によってモスで腹ごしらえしてから向かいました。
あんまり手を掛けていないと言っていたmoriちゃんの畑も
予想以上に手入れが行き届いていてビックリ。
立派に育っていたニンジンを頂きました。ありがとうー!

そんなこんなで、あっという間に3時過ぎ。
12月ということもあり、日が暮れるのが早く、ちょっと焦りながら本日の本番開始。
そうそれは、問題の畝作り。
まだ畝間が2つしかできていなくて(5つ作らないといけない)、
これは冬の間にやっておかないといけない作業なのです。
いよいよ備中鍬の出番です!!

備中鍬はフォークみたいな形をしていて、
土を畝間から畝へ移動させるのに最適な道具なのです。
使い方は、まず、鍬を「投げる」(土に差し込む感じ)、
そして捕まえた土を「引く」(鍬で引っ掛けて、土を畝の上に運ぶ)
最後に土を「落とす」(鍬に付いて来た土を、鍬から落として畝の上に置く)。
名付けて「投引落作戦」!!
時間もあまり無いので、僕が投引落をして、2人に畝間を平らにしてもらったり、
草の種を蒔いたりしてもらいました。
そしてなんとか、4つの畝間完成!!
f0158655_20145638.jpg


この写真は23日に撮ったもので、雨の後で水が溜まっているけど、
立派に4つの畝間が出来てます!
畝作りも残り一つと思えば、もうすぐな感じ。

16日の作業では、畝作りの作業の後、個人の区画整理をやったりなんかして、作業終了。
3人だったけど、結構頑張れました。

太陽も落ちて、その後はまたまたいつもの「はなまる」へ(笑)。
ここでyamaちゃんに自然農塾の卒業証書授与式をやり、
あーちゃんからの「エロたわし」やみんなで仕込んだ味噌を渡して、
うどんを食べて解散したのでした。

はなまる農園としては、2007年最後の作業でしたが、充実した一日でした。
来年は立派な「男」になるために、「田」の「力」になることを強く心に誓ったのでした。
[PR]
by hanamarugo | 2007-12-23 20:20 | yuki



讃岐うどん大好き(笑)